顎関節症について

そもそも顎関節症とは?

症状説明画像

  • 偏った噛み癖
  • 頬杖をつく癖
  • 猫背
  • 噛み合わせの問題
  • 精神的ストレス
  • 外傷

一般的に上記のような事が原因で顎関節症になってしまうと言われています。顎に限ったことではありませんが、痛みや違和感などの「正常でない状態」であっても生活に支障が出るくらい悪化して困るまでは、なんとなく大丈夫だろうと何も対処をしていない方も非常に多いです。

また、顎関節症は慢性化しやすく、改善しにくい症状とも言われています。

一般的な顎関節症の対処方法

マウスピース

  • 歯の治療(歯並び・歯の高さ)
  • 痛み止め薬
  • マウスピース
  • 手術

歯科や口腔外科に行くとマウスピースを作ったり、痛み止めを処方されることが多いですが、重度な場合は手術を行う場合もあります。

整骨院などでは顎関節周辺の筋肉のマッサージを行うことが一般的です。

軽度な顎関節症であれば顎周囲の筋肉を緩めれば改善する場合もありますが、症状が改善しない場合や、顎関節症が悪化していく場合もあるので初期段階から適切な対処が必要です。

ですが、当院に来院される患者様から過去に、

・マウスピースを使っても

・他院で顎関節症改善の施術を受けても

顎関節症がなかなか改善しないという声をよく聞きます。

では、なぜ?マウスピースをしたり、マッサージで硬くなった筋肉をほぐしても症状が戻ってしまうのでしょうか?

それは・・・

  • ”顎関節症の根本的な原因が正しく見つけられていない
  • 2次的な原因で顎関節症の症状が発症しているのであって、顎に根本的な原因がない
  • 顎関節症の痛みだけ解消しても、身体のバランスが整っていないので改善しにくい

事が多いようです。

このように、様々な疲労要因が毎日身体に負担をかけて身体を歪ませてバランスを崩す原因となっています。

心身ともに元気な状態であれば本来「寝れば症状は自然と良くなっていく」のが当たり前ですが、心身に負担がかかり続けて身体のバランスが崩れ過ぎた状態では「寝ても身体のバランスが回復しない状態」になってしまいどんどん回復力の低い身体になって、バランスを保つ限界が近づくと危険信号として身体は症状を起こします。

仙台の整体こころや

〒980-0014宮城県仙台市青葉区本町1-12-12GMビルディング1階D