🔸🔴トップ④足底筋膜炎(足底腱膜炎)

なぜ?当院の施術は
こんなにも
足底筋膜炎(足底腱膜炎)
が改善されるのか?

他で良くならない理由

恐らく、あなたは足底筋膜炎を発症したあとに、様々な病院、治療院であらゆる処置を受け続けたけど改善しなかったのではないでしょうか?

あなたと同じように、足の裏・かかとの痛みに悩まれている多くの方は、どこに行っても同じような処置を受けて良くならずにいる方が多いと思いますが、あなたの足底筋膜炎の原因に対して正しい処置を受けなければ良くなりません。

そういった状態を解決するために、これから1つ1つお伝えしていきます。

足底筋膜炎になったら整形外科に行かれる方が多いと思いますが、足底筋膜炎に対する一般的な処置としては、

「インソール」「テーピング」「タオルギャザー」「電気療法」「ストレッチ」「マッサージ」です。

ですが、実際にはこれらの処置で足底筋膜炎の痛みが解決する方は少ないです。
もしかしたら、この記事を読まれているあなたもそうだったかもしれません。

一時的に痛みが緩和したとしても長期間の継続的な処置が必要になり、運動をすると再び痛みが出る事がほとんどです。

現代医学的には、足底筋膜炎はこれをすれば治る。といった具体的な治療法は今のところありません。

そのため様々な処置を受けても足底筋膜炎が良くならずに悩んでいる方が多いのです。

一般的に足底筋膜炎に対する処置は、「足裏・かかと」にかかる負担を軽減させる事が目的です。

インソールやテーピングは足底にかかる負荷を軽減させるために処置をします。

ストレッチやマッサージは足や足裏に付随する筋肉や靭帯の緊張や硬さを軽減させて、足底にかかる負荷を軽減させるために行います。

タオルギャザーは足の筋肉を強化し、足底への負担を軽減させるのが目的です。

このように足底筋膜炎の治療は患部に対するアプローチが基本となっています。

ですが、

足底筋膜炎では患部への処置だけでは痛みが取る事は難しいので、現代医学的に「難治性の疾患」と呼ばれいます。

足底筋膜炎の痛みは患部だけの処置だけでなく、幹部とは全然違う部位にも原因が隠されているからです。

この原因を特定して解消しない限り、あなたの足底筋膜炎は良くなりません。

あなたの足底筋膜炎がインソールやマッサージで解消されない理由は、痛みのある患部しか処置していないからだったのです。

次に、足底筋膜炎の症状について説明します。

症状についての説明

足底筋膜炎とは、足裏に過度な負荷がかかり続ける事で、足底(足の裏・かかと)に痛みを感じる症状です。

「足底筋膜」は、かかとの骨から足の指にかけて広がる薄い膜のような腱で、足への衝撃を緩和させるクッションのような働きをします。

日常生活で足裏に強い衝撃や過度な負荷が慢性的に加わる事で、足底筋膜の組織が損傷され痛みを感じます。

また、損傷が続くことで足裏の軟部組織の弾力性が失われ、足底が硬くなる事もよくあります。

原因

一般的に足底筋膜炎の原因は

  • 「使い過ぎ」
  • 「偏平足」
  • 「肥満」

と考えられています。

過度な運動など、足裏の足底筋膜に負担がかかり続ける事で痛みが出るとされています。

また、運動だけでなく、旅行や仕事などで普段以上に歩き続けていたり、コンクリートなどの固い地面でのマラソンなど、様々な負荷がかかり続ける事で痛みが出るとされています。

偏平足の場合は、土踏まずがないために足底筋膜が常に張っている状態にあり、足にかかる負担を逃しにくく、通常の人に比べて負担ががかかりやすくなると考えられています。

しかし、根本的な原因は別にあると当院では考えています。

当院での改善法

結論からお伝えすると、当院では3つの原因を解決することで数多くの足底筋膜炎の症状を改善させます。

ここでは専門的な小難しい内容ではなく、できるだけシンプルにお伝えします。

1つ目は、筋肉の問題です。
筋肉が硬くなると足の関節などの動きが悪くなります。
そして、筋肉を包む膜がねじれて全身のバランスも崩れて身体が歪みます。

2つ目は、身体の歪みです。
全身のバランスが崩れると、足に過度な負担がかかり続けながら生活している状態になり、さらに身体の歪みによって内臓疲労が蓄積しやすい状態になります。

3つ目は、内臓疲労です。
内臓疲労が蓄積すると内臓血流が更に悪化してしまうため、身体の回復機能を正常に働かす自律神経の働きが低下して治りにくい身体になります。

治りにくい身体で生活を続けることで、日々の身体の疲労や足裏に蓄積したダメージの回復が追いつかずに患部の損傷が良くならない。

つまり、正常な身体に戻さなければ同じように身体を動かしていても負担が余計にかかるので足底筋膜炎になってしまったり、正常なスピードで自然に回復できない身体になってしまっているのです。

ここまで読んでいただければ、足底筋膜炎が「使い過ぎ」「肥満」「偏平足」だけが原因で発症したものでなく、患部だけ処置しても良くならないのは理解していただけたはずです。

事実から、この3つの原因を改善する施術法を、足底筋膜炎に特化させた施術法として行っております。

当院にお越しになる足底筋膜炎の患者さんの半数以上の方が、他の治療院ではなかなか改善しなかったと言われるような状況で来院されていますが、それでも多くの方が改善していますので安心してご来院ください。

仙台の整体こころや